求人情報サイトとは

求人情報サイトとは、求人情報を検索して応募することが出来るサイト。

中途採用やアルバイト、派遣・正社員などの求人情報や会社情報が掲載されており、老若男女問わず利用できるWEBサイトになっています。

 

一般企業が、手っ取り早く人材を募集する際に掲載する為のサイトになっており、求人企業からしてみれば採用の広告媒体でもあります。求人企業にとって求人情報サイトは、人材紹介会社に依頼するよりも、採用コストは安い。

このようなことから、求人情報サイトに掲載されている求人情報は、圧倒的に豊富です。

⇒ 求人サイトのランキングをみる

 

求人情報サイトのメリット

  • 求人情報の検索・閲覧出来る数が豊富
  • 自分の希望条件(勤務地・業種・職種・勤務形態・年収など)で求人情報を検索出来る
  • 自分の希望している求人情報が更新・新規掲載されればメールにて通知してもらえる
  • 転職活動のノウハウなどが多く掲載されている

 などが挙げられます。

 

人材紹介会社への報酬よりも広告料金が安い求人情報サイトのほうが、求人情報が豊富なのは当たり前です。

小さな会社から大きな会社、地域に密着した会社から幅広い業種の求人情報が掲載されている求人情報サイト。インターネット上で求人情報を検索する為には、欠かせないですよね。

でももちろんデメリットもあるので、頭に入れておいてください。

 

求人情報サイトのデメリット

  • 求人企業の一方的なPR文になっている為、実際の企業の実態はわかりづらい
  • 求人情報だけでは実際の仕事内容は理解しづらい
  • 時間的に余裕の無い人には労力が大き過ぎる
  • 競合(求職者)が多く、1社に対して数百人の応募が入るのは当たり前
  • よって書類選考が通過しづらい

 などが挙げられます。

 

景気にも左右されますが、求人情報サイトに求人を出すと、数日で数百件の応募が入るのが当たり前になってきています。そんな中で、求人企業の採用担当者は、応募者の履歴書・職務経歴書でまずは判断してくことになります。書類先行において、職務経歴書の細かい部分まで、見てられるわけがありません。年齢や性別だけで、はじかれることも日常的に行われています。

求人企業が少し高いお金を払ってでも人材紹介会社に任せたい意味は、ここらへんにも存在しています。

 

上記のようなリスク・デメリットがあることも忘れてはいけませんが、転職活動において可能性を広げる為には、求人情報サイトへの登録・応募は、必要不可欠でもあります。

 

求人サイトランキング

今人気、実績のある求人サイトをランキングにしています。少しでも興味のある求人情報には、数多く応募していくことをオススメいたします。そして企業に選ばれるのではなく、自分が企業を選べる段階までもっていきましょう!

正社員ランキング1位 求人サイトの@type 強み・職種 エリア この求人サイトの詳細
求人情報サイトの@type 求人情報・実績豊富
全職種対応
転職率高い
日本全国
堂々1番人気、求人情報豊富で転職率も高い、気になる求人にまずはエントリー!
@typeとYahoo!リクナビNEXTで求人情報を探してエントリーしていくのは転職活動の王道。
正社員ランキング2位 リクナビNEXT 強み・職種 エリア この求人サイトの詳細
求人情報サイトのリクナビNEXT 求人情報・実績豊富
全職種対応
転職率高い
日本全国
求人転職サイトの王道、日本最大級の求人情報・転職サイト、Yahoo!のリクナビNEXT。
職種関わらず、転職活動を始めるなら、皆さんまずはこちらからスタートされています。
正社員ランキング3位 女性の転職@type 強み・職種 エリア この求人サイトの詳細
女性の転職@type 女性の転職に強い
求人情報・実績豊富
全職種対応
転職率高い
日本全国
年齢に関係なく、正社員で成長したい・稼ぎたい、女性のための求人転職サイト 。
女性の方は1位の@type、2位のリクナビNEXTに加えてオススメ度の高い求人転職サイト。
正社員ランキング4位 はたらいく 強み・職種 エリア この求人サイトの詳細
正社員転職のはたらいく 全職種
地元の元気な企業が多数掲載中
日本全国
リクルート運営、地域密着型、自分の街の求人情報が手に入る転職サイト。
月曜日・木曜日の週2回更新で、自分の仕事観から求人をチェックしてみましょう。
正社員ランキング5位 イーキャリア 強み・職種 エリア この求人サイトの詳細
正社員転職のイーキャリア 求人情報が豊富
全職種
非公開求人も豊富
日本全国
ソフトバンクグループが運営する、転職応援サイト『イーキャリア』。
営業職、事務職、サービス職、エンジニアなど多岐にわたる総合転職サイト。